読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No more Death March

あるSEのチラシの裏 C# WPF

newによるオブジェクトの生成

 

C#実践開発手法 (マイクロソフト公式解説書)

C#実践開発手法 (マイクロソフト公式解説書)

 

 

この本の第2章で出てくる「newとコードの臭い」のメモ

 

そもそもコードの臭いとは「リファクタリング」で有名になった?言葉。

拡張性が乏しかったり、テスタビリティが低かったりと、将来的に問題になりそうなソースコード

リファクタリングと言えばMartin Fowler氏のこの本でしょうかね。

 

新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する― (OBJECT TECHNOLOGY SERIES)

新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する― (OBJECT TECHNOLOGY SERIES)

 

 

冒頭の書籍の内容を自分なりにかみ砕くと

newがある

⇒特定のクラスに依存している

⇒そこのプログラムは入れ替えられない、適応力が低い

 

じゃあどうするか?っていうとInterfaceの出番ということですかね。