読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No more Death March

あるSEのチラシの裏 C# WPF

アダプティブコードの根っこの根っこ(2)

 

nomoredeathmarch.hatenablog.com

 

前回のエントリの続き、

定義済みデリゲートを最低限のインターフェースに置き換えたとこまで。

 

じゃあアプリケーション上のすべての処理をこれらのインターフェースだけで賄うべきだ、とはならないのだろう。

 

.net frameworkのIComparerしかり、DDDのspecificationパターンやrepositoryパターンなど、ドメインレベルや個々の機能レベルでより目的に特化したインターフェース設計をしなければいけないのでは?

 

ではその目的に特化したインターフェースって何よ?って考えだすと切りがない。

この辺りの匙加減がOOPに限らず、設計全般において悩ましいところだなと思うところです。

 

かといって、「今動けば正義、あとのことは知らん。」っていうその場限りのコーディングもしたくないジレンマ。